他の弁護士が付いていた事件を、前の弁護士の解任、一審敗訴等で、途中から引き受けることがある。

そういうとき、前の弁護士は嘘をつくよう指導していたんだなあと思われるときがある。

嘘をつかせて裁判を勝とうとするのは訴訟詐欺だし、ときに偽証教唆でもある。

こういうときにばれるのだから、嘘を付かせては駄目である。

後の裁判も、やりにくいだけである。