弁護士兼光弘幸の気まぐれブログ弁護士業務カテゴリーの新着人気記事

新着記事トップ20

 先日、痛ましいストーカー殺人事件があったが、最近、ストーカーが非常に増えているそうだ。(女性のストーカーもいるらしい、、。)  若いうちは、恋人に振られてしまうと、どうしてもそれを引きずってしまい、なかなか諦めくれないことが多いだろう。大概は、別れた恋人...

 以下、労災の困難事案で国に対する勝訴判決が確定!!(その2)のつづき  山田さんは、しびれの原因がはっきりしないために、労災が認められていませんでした。そこで、以上の過程において愛媛労働局に対し、労働保険審査請求を申し立てましたが、審査請求は棄却され、さ...

 以下、労災の困難事案で国に対する勝訴判決が確定!!(その2)のつづき。  山田さんは、そこで、2つの検査をしましたが、逆に、血管障害ではないことが確定的となりました。  しかし、その医師が山田さんの症状は梨状筋症候群の可能性があることを説明してくれました...

 私が、長い間、心血を注いできた事件の判決が先月、当方勝利で確定しました。  依頼者の方(山田さん(仮称))は、長年トラックの運転手をしてきたのですが、荷物を積んでいる際に、トラックから落ちて尾てい骨を骨折しました。  そのときから、足にしびれが生じ、まと...

 「リーガルハイ」というドラマが人気らしいが、何が面白いのかさっぱり分からない。  テレビっ子である私は、テレビをつけたら、たまたまかかっていたので2度ほど見たことがある。  しかし、いずれも主人公の弁護士が「事実をねじ曲げてでも勝ちゃいいんだ。」みたいな...

 現在、私が管財人をしている法人及び個人が所有している樺川荘(塩江温泉)2室がなかなか売れません。金額は50万円、場合によってはそれ以下でもOKです。  購入を検討される方は、当事務所までご連絡をお願いします!!

ちょっと前のことになりますが、3月22日、M&Aのセミナーがあり、行って来ました。セミナーの前半では、私がお手伝いした香川県で一番大きい整形外科医院のM&Aの体験談でした。  私のM&Aに思いは複雑です。M&Aで香川の会社が他の都市の会社を買収するのならい...

 先月、四国財務局長及び四国経済産業局長から、経営革新等支援機関の認定を受けました。この支援の一つが全国で約2万社を対象として、認定支援機関による経営改善計画策定費用やデューデリジェンス費用(資産査定)、フォローアップ費用につき、総額300万円を上限として...

 あまり、一般の方には難しいと思いますが、武富士に対する過払金返還請求事件で勝訴したので、仮執行をしようとしたら、武富士が控訴の上、強制執行停止の申立てをしました。その後、裁判所が武富士に担保を立てさせて強制執行の停止を認めたのですが、その後、武富士が会社...

 昨年12月、新人弁護士を2名採用したため、今年は採用を見合わせようと思っていたのですが、山本、西村両弁護士が独立し、非常に忙しい状態が続いているため、採用を検討しております。  香川県での就職をお考えの修習生又は他都市で就職しているが、Uターンを考えてお...

 尋問のリハーサルをする弁護士がいる。  私はそんな弁護士はすごく少数派だろうと思っていたが、意外と多いみたい。どうも、尋問をする方の自信が無かったり、される方の自信が無かったりするらしい。  私は尋問の準備は十分するが(訴訟記録は膨大だから、再度、読み返...

 政治家もほんと、よく嘘をつくね。  どうして、自分の発言にそれだけ責任を持たないの?!  裁判でも、嘘をついている当事者が多いが、どうして嘘をつくの?!  私は、裁判所に出す書面を作成するときは、必ず、依頼者を前にして、依頼者を尋問しながら、書面を作成す...

 悲しいかな、また、優秀な事務員さんが退職します。  ご主人の転勤に伴い、松山に行かれるのですが、  それに伴い、事務員さんを募集します。  即戦力の方が一番ありがたいですが、ご応募をお待ちしております。  宜しくお願いいたします。  ちなみに、転勤族の方...

送別会.JPG

 3月末日をもって約5年の間、勤務してくれた山本寛之弁護士と西村宏弁護士が独立しました。下の写真はその送別会の写真、お子さんの都合で1人早く帰りましたが、その余は全員集合です。二人は郷里の大阪でえびす法律事務所という共同事務所を開きます。二人の大いなる活躍を...

昨日、1年以上やっている団体交渉の形(今回は企業側)が何となく見えてきました。 良かったです(^^)。

私は依頼者と頻繁に面談するし、その面談時間も非常に長い。 だから、だいたい、私のカレンダーをみると、休日も含め、ほぼびっしり予定が詰まっている。(土日は起案や調べ物をしていることも多いが、、、) これは、誰から指示された訳でも無く、弁護士になった当初からの...

 労働基準法上では、残業に関する協定(通称「36協定」)を結ばなければ残業をさせてはならない。これに違反すると刑事罰さえある。  また、36協定を結んでも基本的に1日8時間以上、又は週40時間以上勤務させると残業代を支払わなければならない。  しかるに、未...

 先日、久々にヤミ金の依頼を処理しました。  10年くらい前は頻繁にヤミ金の処理をしていたんですが、最近は余りありませんでした。  そうしたところ、勤務弁護士が比較的丁寧にヤミ金対応していたので、短気な私が電話を替わって、ヤミ金を怒鳴りあげました。(全て録...

 最近、労働事件の相談、中でも解雇を巡る相談が多い。  この点、解雇を巡る裁判を延々としていても、結果、使用者が裁判で負けたら、その間、働いていないにも拘わらず、解雇日以後の給料を支払わなければいけないため、使用者側が負けそうだなと思えば、それなりの和解金...

 先日、依頼者から電話があった。 「むこうの陳述書、嘘ばっかり書いていてめちゃくちゃ腹が立つ。昨日は腹が立って眠れんかった!!」との電話。  お気持ち、十二分にお察しいたします、、、(T_T)  裁判では、ときに互いの言っていることが全く異なる。(言い分はほとん...

人気記事ランキングトップ30